企業にあると助かるチャットアプリを導入しよう

チャットアプリの特徴について

インターネットを使って、リアルタイムで文字を使った会話をすることができます。1対1だけでなく、複数のグループで同時に文字での会話が可能です。

企業にあると便利!人気のアプリorソフトウェアの機能

スーツの人
no.1

多くの企業が利用してる

1対1でもグループでもスムーズにリアルタイムで文字を使った会話をすることができるツールが人気です。利用デバイスもパソコンだけでなく、スマホやタブレットも可能で、過去の会話も保存することができ保存したデータを簡単に見つけ出すこともできます。画像も含めさまざまなファイルを共有することも可能です。単独利用ではなく、使用中のサービスとも連携することが可能です。

no.2

ワークフローを10人以下で利用する際におすすめ

タスク管理やワークフローなど無料ながらさまざまな機能を利用できるグループウェアも多く利用されています。パソコンだけでなくスマホやタブレットでも利用が可能で、一番のポイントはIPアクセス制限が無料でかけることができる点です。利用人数は10人までが無料となっています。

no.3

プロジェクト・タスク管理に!

TODOリストを登録することができるもので、基本無料のツールがあります。さまざまなデバイスで利用することができ、同期もすぐでき動きも安定しています。プロジェクトの管理・階層化、予定の変更が簡単にでき、管理の共有やリマインダー設定もすることができます。

no.4

スマホで簡単名刺管理ができる

スマホで名刺の写真で撮るだけで簡単に管理ができるアプリも人気を集めています。名前や電番番号など名刺の情報を読み取って自動で入力されます。登録された情報は会社名や名前順など並べ替えもすることができ、パソコンなどで閲覧可能です。名刺交換をした相手も同じアプリを使っていれば、相手が異動や昇進などで登録情報を更新すると、こちらの情報も自動で更新されます。

no.5

会議にも利用できるアプリ

AndroidだけでなくiPhoneやパソコンで使うことができるメッセージアプリを利用している企業も多くみられます。基本機能は無料で使うことができ、メッセージや音声通話などを利用することができます。ビデオチャットを使えばその場にいないメンバーともミーティングをすることができます。

企業にあると助かるチャットアプリを導入しよう

ウーマン

チャットアプリの活用法

チャットアプリはプライベートだけではもったいない機能が豊富にあります。ビジネスチャットアプリは、メールよりもセキュリティ面も安心でレスポンスの早さ、グループを組んでいれば宛先にccの入れ忘れなどのメールでのミスも防ぐことができます。マルチデバイスに対応しているため、外出中でもパソコンを開かずにスマホなどでメッセージのチェックも可能です。

複数の人

アプリには有料と無料のものがある

無料と有料そして一部無料がありますが、登録ユーザー数や使える機能などです。有料プランであってもトライアルとして無料でお試しが可能です。数あるチャットアプリの導入に迷っているときにはお試しからチャレンジがおすすめです。

仕事の効率化を図るなら導入がおすすめ

レスポンスの早さ、複数でコミュニケーションが取れるグループ機能、手間なくファイル共有もすることも可能です。外出先でもメッセージの確認・返信をスマホですることができメールよりも素早さそして簡単な操作からも業務の効率性がアップします。

広告募集中