安否確認システムの導入で従業員の命を守る

安否確認サービスの必要性

突然の洪水や地震などの自然災害、病のパンデミックなどが起きたときには、家族などに連絡するため電話回線がパンク寸前の状態になってしまいます。混乱した状況でもいち早く安否を確認することができる安否確認サービスは、必要性が高いサービスとなっています。

安否確認を行なう場合と行わない場合の違い

混乱した情報や状況から正しい情報を得ることができる

混乱した情報や状況を皆が一斉に確認することができます。安否確認ができないと誤った情報や曖昧な情報が流出してしまいより混乱した状況へと繋がっていきます。

次への指示に繋げることができる

次の指示がスムーズに出せるようになります。安否確認ができない状況では、従業員が勝手な判断をしてしまったり、間違った行動をとってしまう心配を打ち消すことができます。

安否確認システムの導入で従業員の命を守る

オフィス

安否確認システムを導入するワケ

企業では、災害が起きたときなど従業員の安否確認を一斉に送信し、従業員がメールを受けて無事であることの返信することによって安否を集約することができます。瞬時に正しい情報を流すことができるため、受信した情報から従業員は戸惑うことなく行動が可能になります。

男性と女性

導入する方法

安否確認システムはさまざまな会社にてサービスを提供しています。利用する会社を検討・契約後の導入と進んでいきます。運営会社によっては無料のトライアルサービスもあるので、試してから導入を検討することも可能です。

メンズ

導入するために必要な費用と相場

安否確認を導入する費用には、初期費用と月額費用が必要となります。初期費用には無料~20万円と、利用する会社によって異なります。月額費用は4千円~4万円以上と、利用するサービスの内容によって相場に差があります。1ユーザー登録ごとの使用料という設定方法を取っている会社もあります。

安否確認システムを導入した人達の口コミ

ウーマン

手間なく一斉に連絡できる

人数が多い職場なので、部署ごとの緊急連絡網はありましたが会社全体としてはありませんでした。そのため緊急性が高いはずが、上司から各部下へと情報を流していたため全員に情報が行き届くまで時間がかかりました。システムを導入したことで、一斉に送信することができるためタイムラグがなくなりました。

さまざまな年齢の人でも使えるシステム

従業員には10代から60代以上の幅広い年齢の従業員が所属しており、使用したいデバイスがスマホだけでなくパソコンやガラケー、いろいろ希望がありました。対応可能なデバイスが多いこと、そして簡単な操作方法が導入の決め手となりました。

自動配信が選択でき担当者不在でも配信可能に

今までも安否確認の連携は行っていましたが配信を手動で行っていました。担当者自身が被災してしまうと配信をすることができないという問題点がありましたが、自動配信、手動配信どちらも設定することができるようになりました。

安否確認だけではない活用をしています

安否確認システムには安否だけでなく違う方法でも使っています。社内用の連絡方法として利用していて、さまざまな連絡を今まで社内システムを利用できなかった全従業員に伝えることが可能になりました。

広告募集中